オーダーインソールを作ってみた!足底筋膜炎、偏平足、アーチサポートにおすすめ

広告

歩きすぎて足が痛い!それって足底筋膜炎症かも?

旅先やショッピングでも、たくさん歩いて足の裏が痛くなる… ランニングやスポーツを頑張りすぎて踵が痛い…

そんな症状が出たら、足底筋膜炎かもしれません。

昨年私はこの症状が出て整形外科で「なるべく長時間歩いたりせず、安静にすること」と言われました。

湿布と痛み止めで良くはなったものの、趣味の登山や歩き旅をするとやっぱり痛くなることがあり、不安が残ります。

インソールは硬い方がいい?
衝撃吸収する柔らかいやつがいい‥??

市販のインソールを使ったり、足裏マッサージしたり工夫はしたけど、結局何が正解かわからない1年でした。

シューアドバイザーに聞いてみた

 

インソールのことを語らせると「え、それって付き合いたての彼氏?」ってくらいに嬉々として解説してくれる友人がいます。

彼女はシューアドバイザーの資格を持っていて、靴販売員の仕事が大好きなので、靴選びと中敷きの大切さへの情熱は半端ではありません。

そんな彼女のお店に行って、オーダーインソールを作ってきました!

オーダーじゃなくても効果はある?

オーダーって高いイメージ、ありますよね。実際に既成品よりお値段は高い。

でも、既成のインソールでもそれなりの効果があるそうです。

この店舗で扱う既製品は5,000円程度。オーダーは10,000円前後。やっぱり高いなぁと思ったけど既製品も試着させてくれました。

確かに足のサイズにあったインソールはピタっとして履き心地が全然違う。背筋が伸びる感じです。安いとは言っても5,000円するんだから、やっぱり100円均一のものとは全然違う(当たり前)。

これでもいいやん!と思ったけど、せっかく地方から出てきたし一度作ると長く使えるみたいなので思い切ってオーダーに。

オーダーインソールは長く使える!他の靴へ入れ替えもOK!

持ち込んだ靴に合わせて作ってくれるのですが、よほど形の違う靴でないかぎり他の靴にも入れ替えて使うことができます。

今回は新調する軽登山靴に合わせてもらったけど、履いて行ったkeenの普段靴にも入れられるのです。これってかなり嬉しい!

1年半が交換の目安、だけど2年くらい使う人もいるみたいですからコスパ考えるとそう高くないなというのが正直な感想です。

予防医療、自己投資と思えば高くない

だって、足裏のトラブルは全身のトラブルにつながります。

膝関節、腰痛、肩こり、頭痛…歪みの矯正や、予防医学と思えばきっと高くありません。

マッサージに通ったり、ケガして通院することを考えたら賢い出費ではないでしょうか。

 

追記) 本記事制作後、このオーダーインソールで300㎞18日間の歩き旅をしましたが、今までで一番調子が良く足底筋膜炎にもならなかったので本当に買ってよかったと思っています。

さぁ、いよいよ!オーダーインソールを作ろう!

まずは足のサイズを測るよ!

 

 

なにはともあれ採寸です。長さはもちろん、幅に関しては起立して体重が乗った状態と、座って足に体重が乗ってない状態の両方で測ります。

「足のサイズが小さいけど、幅広だから合う靴が少ない」と思ってた自分の足。

なななんと‥実は標準より細い!!という衝撃の事実が発覚します。

 

本当は細いのに広いと思ってる人、実は多いらしいですよーーー!!!!

  足幅が細い →靴の中に空間ができる →靴の中で足が安定しない →靴ズレ・マメ・疲労感など

足幅の細い人ほどトラブルが多く、幅広と勘違いしているんだとか…うそ~!

(某登山ショップでも幅広と言われて靴選んでもらったのですが…)

足裏の負荷バランスをチェック

 

 

足裏がどんな風に地面に接地してるかのチェックです。

比較的バランスは良いみたいですが、足の指に体重が乗っていません。特に小指が死んでいる…。

接客業で窮屈なパンプスだったし、足指をパーにできないし、自覚があって気になっていました。

やっぱりーと思ったし、だから踵を痛めてしまうんですよね。

 

靴を選んでもらう

 

 

今回は新しい靴が必要だったので選んでもらったけど、手持ちの靴でも全然OK

パンプスでも普通のスニーカーでもいいそうです。仕事用とか長く履くものがいいですね。

このウォーキングフォーエバーの靴は、足幅のサイズ目安でいうと“EE”。実は幅広の人向けだそうです。

でも足の高さなども踏まえると私にはちょうどいいんだとか。

こういうの自分ではわからないから、やっぱり通販より店頭っていいなぁ。

 

立体的に足型をとる

 

 

次はウォーターベッドみたいな機械で足型をとります。うん、オーダーメイドって感じがするぞ!!

足ったり座ったりして、ほんの数分です。温めて柔らかくなったインソールが当てがわれ、形成されていきます。

ちなみに60℃以上で変形してしまうので、夏場の車内に置きっぱなしなどは注意とのことでした。

微調整とカット

 

 

専門のスタッフさんが微調整してくれます。うれしいなぁ、大事に使おう!仕上がりが楽しみ~。

ちなみに店員(友人)と世間話もしながら、滞在は1時間半くらいだったと思います。

意外と早くできるから、私のような遠方からでも日帰りでできて有難いです。

完成!さすがにぴったり!

 

私の場合、長期間のロングウォークの予定だということで通常のウォーク用インソールではなくて、マルチタイプに踵アーチを補強するパーツを組み合わせてくれました。

土踏まずって、長く歩いて疲れると下がってくるんだそうです。むくむ程度だと思ってたからびっくり。

この土踏まず、履いてみるとホントにフィット。既製品でもかなり良い感じだったけど、当然私の足型になってますから長く履くほど違いがわかるみたいです。

気になるお値段は!?

こちらがレシートです。

新調した靴の代金が入ってますので2万円超えですが、インソール自体は税別で9,600円。追加のアーチサポートが1,600円でした。

オーダー料とかよくわからない細かい加算があるのでは??というイメージがあったのですが単純にインソール代だけの明瞭会計でしたよ。

今回は最初からオーダーにする気満々でしたが、他のお客さんに対しても押し売りなどまったくしてなかったです。

オーダーの相談ってどうしたらいいのか分からないけど、気軽に相談してみたらいいんだなーと思いましたよ。

いくら対策してもトラブルはつきものだけど

インソールを作ったからって、万事解決ではありません。

足底筋膜炎は使いすぎが大きな原因だから、長期で歩き旅なんてすると痛めるのは目に見えています。

でもちゃんとプロに診てもらって納得できたことが、モヤっとしていた悩みを抱えていた私にとっては大きいことでした。

両足には、人体の1/4もの骨が集まっているから

足の形は個人差が大きいから洋服のように合わせられません。
その上、膝、腰、背中、肩、首‥全てをガチッと支えるのだから、第二の心臓というのも大袈裟じゃない。骨格標本グニャグニャ触りながら改めて感じました。

オーダーインソールはやっぱり高価だと思う方は、とりあえず既製品からはじめてはいかがでしょうか。あるとないとでは大違いです。

足裏ってすごく大事。痛めた人も、そうでない人もインソールを見直してみてくださいね。

 

ちなみに今回お世話になったのは…
 阪急西宮3Fウォーキングシューズ専門店 でした

O.M.C TOKYO インソール 人間工学に基づいた衝撃吸収中敷き (L(26.5cm~29.5cm))

新品価格
¥1,180から
(2020/2/29 14:17時点)

EDTRE インソール 足底筋膜炎 扁平足 土踏まず サポーター アーチサポーター 疲れを軽減 痛み緩和 O脚 X脚 矯正 中敷き 登山 歩く 立ち仕事 通勤 通学 靴 男性用 女性用

新品価格
¥1,799から
(2020/2/29 14:22時点)

足首サポーター, 足首固定保護 スポーツ用 アーチサポーター 扁平足 足底筋膜炎 足裏の疲れを軽減 足首段階着圧 血流改善 土踏まず用 関節炎サポート 捻挫 ランニング バスケ 怪我防止 アンクルサポーター (L, ブラックグレー)

新品価格
¥1,580から
(2020/2/29 14:24時点)

広告